img_01

友人の娘が参加した評判のNICプログラム


私の友人は、英語教育にとても力を入れています。

自身が外語大出身ということもあり、
これからの時代、英語がしゃべれないと苦労すると考え、
娘さんが小さいうちから英会話に通わせるなどしていました。

ところが、そんな友人の熱意とは裏腹に、
その娘さんは英語があまり好きではなくなってしまったそうです。

中学に入ってからというもの部活動優先で、
英会話も辞めてしまい、せっかく身に付けた英語も、
忘れていく一方…。

そんな娘さんが、最近、ある評判のプログラムをきっかけに、
再び英語が好きになったそうです。

それが、NICの“English in Action 中高生向けプログラム”です。

NICは、留学専門の国際高等教育機関として評判ですが、
他にもこのようなプログラムを提供していたのですね。

この評判の“English in Action 中高生向けプログラム”は、
友人の娘さんが通っている中学校で、
夏休みにNIC主催で行われました。

娘さん曰く、「とにかく楽しい」のだとか。

娘さんが、英語を嫌いになった理由の一つに、
「間違えると怒られる」という点があったそうです。

しかし、NICの“English in Action”では、
そのようなことは全くなく、むしろ自分の意見を、
発言した事を褒めてくれるそうです。

また、ゲームやアクティビティを通じて
英語でコミュニケーションを取ることが楽しさを、
実感できたのだとか。

私の友人もこれを聞いて、とても喜ぶと同時に、
スパルタ教育ばかりで「英語を学ぶ楽しさ」を、
伝えられなかったことを反省したそうです。

このNICの“English in Action”は、英語を学ぶことを通じ、
生徒の自発的・モチベーションを高めてくれると、
今、多くの学校で評判となっているそうです。

さすが、英語・留学のプロとして評判のNICだけありますね。